• 兵庫県公認心理師会

兵庫県臨床心理士会 主催一般社団法人兵庫県公認心理師会 後援 被害者支援専門研修 『子どもの臨床現場における緊急支援 〜性被害や自死事案を中心に〜』

更新日:10月21日



 本研修は、兵庫県臨床心理士会・被害者支援専門委員会主催の年1回の専門研修です。緊急時における団体どうしの連携・協働を図るため、兵庫県公認心理師会が後援しています。


 午前の部は『性被害を受けた子どもの支援』をテーマに、阪神・淡路大震災以降、兵庫県内の事件・事故・災害における心のケアの実践と研究を重ねられた冨永良喜委員(兵庫教育大学名誉教授)に講義していただきます。また、兵庫県公安委員会指定犯罪被害者等早期援助団体・公益社団法人ひょうご被害者支援センター相談員から「子どもが性暴力被害にあったときのための研修会(教職員向け)」の資料(仮想事例)を用いた演習を予定しています。他委員から、被害者やその家族への心理相談や加害側の子ども・家族への対応の実際についても紹介させていただきます。


 午後の部は『自死事案における学校での緊急支援』をテーマに、仮想事例をとおして、その対応や工夫、課題等をグループで考える機会にしたいと思います。












[日時] 2022年11月20日(日) 10:00-16:30 (9:40-受付開始)


[場所] 三宮・デザインクリエイティブセンター神戸(KIITO) 旧館3階 303 (神戸市中央区小野浜町1-4 Tel 078-325-2201)


[講師]

冨永 良喜 (兵庫教育大学 名誉教授) 講義・演習『性被害を受けた子どもの支援』

山本 沙弥香 (ひょうご被害者支援センター) 『被害者とその家族の心理相談の実際』

樋口 純一郎 (神戸市福祉局) 『性的問題行動を起こした子どもの対応』

髙橋 哲 (兵庫県SC) 演習『自死事案における学校での緊急支援』


[司会] 森 歩夢 (関西福祉大学)


[参加資格] 兵庫県臨床心理士会会員、兵庫県公認心理師会会員 定員50名まで(※先着順)


[参加費] 2,000円


[申込方法]  http://hyogoheart.web.fc2.com/hyogoheart_kensyu2022.html から専用サイトへアクセスし、必要事項をご記入のうえ、11/13(日)までにお申し込みください。定員が満たされ次第、申込は締め切らせていただきます。申込受付メールをもって、申込完了とします。


[交通アクセス]

・JR三ノ宮駅/阪急・阪神神戸三宮駅/神戸市営地下鉄三宮駅から

・徒歩 : フラワーロードを南へ約20分

・バス : 神戸市バス29系統 三宮駅ターミナル前~税関前まで約5分

・タクシー : 神戸税関東向かいの建物まで約5分


[その他] 

・原則、申込者の都合による決済後のキャンセルは受け付けません。

・研修前日までに配布資料の案内をEメールでさせてもらいますので、事前に各自印刷やダウンロードをお願いします(会場はフリーWi-Fiを利用できますので、スマホやタブレット等から閲覧可能です)。

・本研修は、臨床心理士資格更新ポイントの申請を予定しています。

・午前にマスコミの取材・撮影が入る可能性があります。


[新型コロナウイルス感染予防について]

・37.5℃以上の発熱や咳等の明らかな体調不良が認められる場合は、主催者判断で入場をお断りさせていただきます。

・検温、マスクの着用、会場内の昼食自粛等、感染予防をお願いします。(昼食は、最寄りの飲食店や広場をご利用ください。)

・感染状況によって開催に変更のある場合は、別途連絡させていただきます。


[後援] 一般社団法人 兵庫県公認心理師会


[主催] 兵庫県臨床心理士会


[問い合わせ] 兵庫県臨床心理士会 被害者支援専門委員会 hyogo_heart@hotmail.co.jp